So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

塩酸をかぶり5人重傷 千葉県市原市の化学会社(産経新聞)

女児に熱湯の母親、虐待疑い避け個人病院受診(読売新聞)

 大阪府堺市南区の自宅で1歳の長女にシャワーで熱湯をかけ、大やけどを負わせたとして、傷害容疑で逮捕された母親の無職井上夢麻(ゆま)容疑者(23)が「大きな病院だと虐待を疑われると思い、事件直後は個人病院を受診した」などと供述していることがわかった。

 3か所回った個人病院ではいずれも「症状が重く、手に負えない」と言われ、4か所目に受診した総合病院が通報した。

 大阪地検堺支部は1日、井上容疑者を傷害罪で起訴した。

 起訴状によると、井上容疑者は4月9日夜、自宅風呂場で、長女の尻や背中などにシャワーで熱湯をかけ、やけどを負わせた、とされる。井上容疑者は「お尻の汚れを洗う時に泣いたので、カッとして、シャワーのノブを最高温度に回して熱湯をかけた」と供述。給湯システムの性能から湯は60度以上あったとみられ、長女は重傷で約1か月間、入院した。

 捜査関係者の話では、同居の母親(42)が4月10日朝、やけどに気付き、井上容疑者は個人病院3か所に長女を連れて行った。どこも「大きな病院に」と勧め、同13日に個人医院の紹介状で府南部の総合病院を受診、虐待が発覚した。

 井上容疑者は「手がかかり、産後からかわいいと思えなかった」とも供述しているという。

20、30代女性の専業主婦志向高まる 女は「家事プラス趣味」がいい(J-CASTニュース)
<パラグライダー墜落>60歳代の男性死亡 利根川河川敷(毎日新聞)
閣僚席次、福島氏辞任で変更(時事通信)
菅内閣15閣僚固まる、11閣僚再任へ(読売新聞)
<火災>住宅1室全焼、女性死亡 大阪・高槻(毎日新聞)

郵政法案めぐり対立激化=28日に採決の構え―与党(時事通信)

 国会は27日、鳩山政権が最重要法案に掲げる郵政改革法案をめぐり、与野党の対立が激しくなってきた。与党は同日の衆院総務委員会での実質審議入りは見送ったが、28日の同委員会で採決する構えを崩していない。与党の国会運営に反発を強める野党は、同日午後に幹事長・書記局長会談を開き、内閣不信任決議案の提出時期など、終盤国会の対応を協議する。
 自民、公明、共産、みんなの野党4党は27日、国対委員長会談を開き、近藤昭一総務委員長(民主)が理事会や理事懇談会を開かずに27、28両日の委員会開催を職権で決めたのは「前例がない」と反発。この後、横路孝弘衆院議長に抗議した。
 野党は閣僚の不信任決議案などを連発して抵抗する方針だ。自民、公明両党などは28日に、口蹄(こうてい)疫の被害を拡大させた責任は免れないとして、赤松広隆農林水産相に対する不信任案を提出する。自民党は、米軍普天間飛行場移設問題で政府方針に反対する福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)の不信任案提出も検討している。
 一方、27日の衆院本会議は郵政法案をめぐる与野党対立のあおりで、午後1時の開会予定が大幅に遅れた。放送法改正案の採決強行を問題視し、野党4党が共同提出していた近藤総務委員長の解任決議案は、同日夜の本会議で与党の反対多数により否決。この後、改正案や口蹄疫対策のための特別措置法案などを順次採決、可決した。 

【関連ニュース
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議(産経新聞)
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
コシヒカリのゲノム解読=おいしさの遺伝子群特定へ―農業生物研(時事通信)
小沢氏側が上申書検討、検察審に異例の「潔白」主張(読売新聞)

娘思いの信玄さん「富士に祈った息女の平癒」 200年ぶり願文見つかる(産経新聞)

 戦国武将の武田信玄が富士山の神仏に病気の娘の平癒を祈った願文の所在が約200年ぶりに確認され、山梨県富士吉田市に寄贈された。江戸期の約200年前の古文書「甲斐国志」の草稿に、富士信仰を広める役割を果たした上吉田の御師(おし)の家にこの願文があると記され、長く行方知れずとなっていたが、山梨県外に住む御師の子孫の男性が家内を整理中に見つけ、寄贈した。市歴史民俗博物館(同市上吉田)で公開されている。

 願文は永禄8(1565)年5月に、信玄が「富士浅間大菩薩」に息女の病の平癒を願った内容。願いがかなえば「息女が富士に詣で、富士に僧を集めて大乗経を読誦し、神馬三頭の奉納を約束する」などと古紙に記されている。

 信玄自筆の根拠は、「信」の字の「言」の上部が「ユ」になる点など独特の筆遣いや、何字かおきに墨をつけ直したことによる文字の濃淡、花押など。信玄自筆文書の研究者が鑑定して信玄のものと認めた。

 同博物館によると、墨の使い方や筆遣いから、「勇壮」といった一般的なイメージとは異なる信玄の細やかで几帳面な一面がうかがえるという。息女が誰を指すかについては織田信長の嫡男、信忠と婚約した信玄の五女、松姫(信松院)の可能性がある。

 寄贈した御師の子孫の男性は小学生のころ、父親から「信玄の古文書が自宅にある」と知らされていたが、長く所在が分からなくなっていた。御師は霊峰への参拝者の宿泊所に自宅を提供するなど富士信仰を広める役割を果たす存在。

 同博物館の担当者は「信玄が富士山を深く信仰していたことを証明する願文として大変貴重」と話している。現存する信玄の自筆文書は数少ないとされ、身内の病気回復や安産を願ったものとしては願文2通が富士御室浅間神社(山梨県富士河口湖町)に伝存するという。

 公開は6月30日まで。常設展観覧料は大人300円、小中高生150円。火曜休館。問い合わせは同博物館(電話)0555・24・2411。

【関連記事】
かっぷくいい武田信玄像は「別人」 真贋論争が加熱
何人ご存知?歴史の偉人150人が並ぶゴム印の掛け軸
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは
“墓参ラー”歴ドル・小日向えり「幸村公らの生き方に男気感じる」
歴史マニア必見アイテム「戦国武将印鑑」

政倫審公開「小沢氏の意向で」=鳩山首相(時事通信)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
赤切符誤処理、違反講習費1300万円返還(読売新聞)
内閣不信任、31日以降判断=自民・川崎氏(時事通信)
雑記帳 伊達政宗から18代目の当主 新茶初摘みに挑戦(毎日新聞)

違法ダウンロード激増 音楽配信 伸び悩み 「着うた」売上高19%減(産経新聞)

 急成長を続けてきた有料音楽配信の市場の伸びにブレーキがかかった。平成18年に総売上高が対前年比56%増を記録するなど活況を呈してきたが、昨年は約909億円で前年とほぼ同じ。原因は無料の違法ダウンロードの激増で、音楽業界では警察などと連携して撲滅を図っているが、なかなか効果が上がらず頭を抱えている。

 業界関係者の間で「CDだけでなく、ダウンロードまで売れなくなっている」とささやかれ始めたのは昨冬ごろ。日本レコード協会(東京)が先ごろ発表した数字に、その傾向が顕著に表れている。

 米アップル社の有料音楽配信サービス「アイチューンズ」が日本でも始まった17年から取り始めた統計によると、売上高ベースで18年は対前年比56%増、19年同41%増と急激に市場を拡大したが、昨年はほぼ横ばい。数量ベースだと0・2%減と調査開始以来初の減少に。市場の牽引(けんいん)役だった「着うた」の売上高は、20年も21年も前年同期比19%減と大幅に減少した。

 ブレーキの原因について同協会は「違法サイトからの無料ダウンロード」をあげ、「18年の調査で、違法ダウンロードの総数は有料配信より1億4500万件も多い年約4億7千万曲だった」と明かす。一番安い「着うたフル」(1曲約200円)に換算すると約940億円が闇に消えた計算で、「その後もさらに増えているだろう」。

 業界では警察などと連携して違法サイト撲滅に努めている。同協会は、18年から大手サイトやプロバイダーに違法サイトの削除依頼を続けており、「サイトの制作者ら約100人が著作権法違反容疑などで逮捕されている」という。20年10月には国内最大規模の違法サイト「第(3)世界」の開設・運営者が京都府警に逮捕され、懲役3年執行猶予5年と罰金500万円の判決が下った。

 昨年のCDの総売上高は前年比16%減の約2460億円で12年(約5239億円)の半分以下。CDと配信の比率は現在ほぼ7対3で、CDの落ち込みを配信で補いたいだけに成長のブレーキは大きな打撃だ。

 今年1月、違法サイトの制作者だけでなく、違法と知りながら音楽や映像をダウンロードする行為も違法となる改正著作権法が施行されたが、私的利用での刑事処罰がないため「相変わらず利用者に罪の意識がほとんどない」(関係者)。

 音楽業界誌オリコンの小池恒社長(45)は「“音楽はタダ”という間違った認識が蔓延(まんえん)している」と指摘。「今、違法ダウンロードは正規の件数の何倍にもなっている。まさにバケツの底に穴が開いた状態。犯罪行為なのだから、携帯電話業界と音楽業界が連携して撲滅に取り組むべきだ」と危機感を募らせている。(岡田敏一)

                   ◇

【用語解説】有料音楽配信

 パソコンや携帯電話からインターネットにアクセスして楽曲を購入するシステム。日本では「着うた」や「着うたフル」のように携帯電話用が約9割を占める。サビの部分など楽曲の一部を購入する「着うた」は平成14年12月の発売直後から人気を集め、16年11月には1曲丸ごと購入できる「着うたフル」が登場した。

【関連記事】
「歌詞サイト」若者に人気 言葉のリアリティー重視
ビクターエンタ、ソフトバンクへの売却交渉が破談へ 所属アーティストが反発か
【業界インサイド】岡本真夜ニヤリ“パクリ騒動”衝撃の手打ち金額
KARAOKEは「歌う欲望」反映 ユビキタス時代へ 
音楽ギフトカード 配信普及…39年の歴史に幕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
鉄鉱石運搬船が沈没=中国・山東半島沖で衝突−商船三井(時事通信)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)
遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)

「東アジア共同体」で協力=首相とシンガポール上級相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は22日午後、首相官邸でシンガポールのゴー・チョクトン上級相(前首相)と会談した。ゴー上級相は首相が提唱する「東アジア共同体」構想について「シンガポールは日本と利害を共有しており、どのように実現を図っていくかが重要だ」と指摘。首相は、シンガポールを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)を「構想を実現していく上で、一つの核ととらえている」と応じ、双方が協力していくことで一致した。 

【関連ニュース
ASEAN担当大使に山田インドネシア公使=8日付
ASEAN加盟に意欲=日本にも支援求める
日米外相会談要旨
ASEAN加盟「12年までに」=地域への統合に意欲
米国務次官補が訪日へ=アジア6カ国を歴訪

堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
舛添氏との連携「一切ない」=鳩山首相(時事通信)
【思いを託す JR脱線・被害者へ】(2)妹を失った尾ノ井廣行さん(54)(産経新聞)
大量申請の懸念現実に、審査厳格化では限界も、外国人の子ども手当(産経新聞)

鳩山首相の鹿児島入り見送り=徳之島案、さらに困難に(時事通信)

 民主党の川内博史鹿児島県連代表は22日、鳩山由紀夫首相が5月15日で調整していた同県訪問を見送ったことを明らかにした。鹿児島市内で記者団に語った。
 首相の訪問には、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転について、地元の理解を得る狙いがあった。見送りにより、移転実現に向けた環境整備はさらに遅れることが確実だ。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

21日に党首討論 民・自が合意(産経新聞)
<GW>連続平均5.4日 今年は少し短め(毎日新聞)
両陛下が武蔵陵墓地でご拝礼(産経新聞)
小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)

<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)

 【愛知】発車オーライ−−。鉄道ファンが喜ぶ銭湯が、一宮市桜にある。森俊樹さん(59)が経営する松降(まつふり)浴場。脱衣場に縮尺150分の1のNゲージ(レール幅9ミリ)2車線が走り、レールの総延長は約26メートル。うわさを聞いて訪れた人の顔に浮かんだ「何これ?」という驚きは、すぐに笑みに取って代わられる。

 プラモデルや鉄道模型を作るのが趣味の森さんが、コミュニケーションの場にしようと脱衣場を改築し、昨年5月、友人と「桜の森鉄道」を開通させた。レールは高さ1メートル、縦1メートル20センチ、横2メートル70センチの台の上に設置されている。JR各線の銀河、フラノエクスプレス、トワイライトエクスプレスなどの列車が走り、最大11両が収納できる機関庫も設置されている。

 駅のモデルは現在のJR尾張一宮駅。背景は駅から見た一宮市東部の写真だ。設置したてのころは殺風景だったが、徐々に“開発”が進み、民家や公園といった街並みや工事現場、ガード下の居酒屋なども建てられ、本物そっくりの精巧な風景が出来上がった。松降浴場や行きつけの居酒屋など“ミニ町内”を目の前にして、湯につかりに来たお客さんたちの顔も自然となごむ。

 森さんは「昔の銭湯のようにうちわ片手に将棋とはいかないが、模型を見て走らせ、触れ合いを楽しんでもらえれば」と話している。

 平日の午後4時〜10時半まで走行させられる。入浴料(400円)が必要。日曜日には無料走行会を開く。問い合わせは森さん(090・7021・4041)。【渡辺隆文】

【関連ニュース
松降浴場:鉄道ファンもびっくり 模型で我が町再現−−一宮で森さん経営 /愛知
鉄道模型フェス:「たま電車」初登場−−和歌山マリーナシティ /和歌山
鉄道模型:16メートルジオラマで走行会 あす豊中で「鉄道研究会WOO」 /大阪
あちこち・あいち:鉄道模型運転会−−岩倉 /愛知
静岡ホビーショー:歴史ブームで「三国志」「戦国時代」の模型目立つ

ビール類出荷、過去最低 1〜3月(産経新聞)
うそ供述でラーメン店長かばう  犯人隠避容疑で従業員を逮捕 京都(産経新聞)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)

部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も−郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)

 障害者割引郵便悪用事件で、偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成罪などに問われた厚生労働省元局長村木厚子被告(54)=休職中=の公判が14日、大阪地裁で開かれ、同被告の被告人質問が始まった。
 弁護側の質問で、村木被告は元係長上村勉被告(40)=同罪などで起訴=に発行を指示したとする検察側主張について「1対1で話した記憶はない」と述べ、改めて否定した。
 自称障害者団体元代表に発行の依頼を受け、手渡したとされることについても「記憶はない」と述べた。
 村木被告は、逮捕後に取り調べ担当の検察官が「執行猶予が付けば、大した罪ではない」と述べて暗に容疑を認めるよう求めてきたと陳述。「30年間の信用を失うか失わないかの問題だと泣いて訴えた」と涙ぐんだ。 

【関連ニュース
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
取り調べメモ「すべて廃棄」=厚労省元局長公判で検事ら
厚労省元局長の関与「記憶ない」=元室長補佐が供述否定
議員への口利き要請を否定=郵便不正で凛の会発起人
凛の会発起人、大筋認める=郵便料金不正

「立ち上がれ…」略称「日本」、新党日本と重複?(読売新聞)
医療・介護の成長産業化、社会保障目的の消費増税を提言―日本経団連(医療介護CBニュース)
ブルゴーニュワイン、東大寺の大仏に奉納(読売新聞)
閉店間際狙う?ビデオ店強盗、14万円奪う(読売新聞)
私生活も“カツマー” 努力主義…幸せ?(産経新聞)

平沼代表「民主政策集は売国的な法案の羅列」 「たちあがれ日本」結党記者会見(産経新聞)

 新党「たちあがれ日本」の結党記者会見の要旨は次の通り。

【冒頭発言】

 平沼赳夫代表 このままで日本は本当に大丈夫なのか。政治生命のすべてをかけて尊いこの日本のために汗をかいていかなければならないとの思いで立ち上がった。民主党政権の政策集は売国的な法案が羅列されている。こういう野放図なことは許してはならない。同志と力を合わせて真剣にがんばっていきたい。

 与謝野馨共同代表 このまま放置しておくと、日本が没落するかもしれないとの危機感を持たなければならない。民主党には政治に対する哲学や思想はない。自民党には野党として戦う十分な気力がない。反民主、非自民として国民のために戦っていきたい。政治人生のすべてをかけた最後の戦いであり、命がけで戦い抜きたい。

 石原慎太郎東京都知事 年寄りばかりだというのは簡単だが、30〜50代の中に、この国を憂えている人間がどれだけいるのか。民主党はみんな腰抜けだ。自分の人生を捨てたつもりで決心した5人に共感して応援団長に名乗りを上げた。

【参院選】

 平沼氏 比例には勝てる候補者を出したい。東京はじめ(改選の定員が)多数区でも独自候補を立て、1議席でも多く獲得したい。1、2人区は可能ならば自民党に協力していきたい。

 与謝野氏 15日から候補者選考に入る。なるべく多くの方に立候補していただき、参院で健全な批判勢力を形成したい。

【政界再編】

 平沼氏 第2、第3段階で人数を増やす努力をしていきたい。今まで民主党の諸君とも交流はあり、期待している。(小沢一郎民主党幹事長との連携は)全くない。

 園田博之衆院議員 参院選後の民主党との提携はあり得ない。

【関連記事】
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編
「時計の針戻さない」 首相、新党旗揚げに
平沼新党、3月に「たちあがる」はずだった?
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
「中国内陸部の資源事情とは…?」

消防長が公務中、女性に私用メール…災害情報も(読売新聞)
原口総務相、ユーストリームで“ゲリラ会見” 広報室「聞いてない」(産経新聞)
<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)
小沢幹事長「訪米計画ない」 米国務省  (産経新聞)
<普天間移設>うるま市民団体「反対」申し入れ(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。