So-net無料ブログ作成

新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)

 ノボノルディスクファーマの新規性の高い2型糖尿病治療薬ビクトーザ皮下注(成分名=リラグルチド)の4月の薬価収載(保険適用)が見送られた。3月31日の中医協総会では、厚生労働省が1月20日付で正式承認した新薬の薬価を決めたが、この中にビクトーザは含まれていなかった。厚労省の担当者は「企業と薬価で合意できなかったため」と説明している。

 厚労省の担当者によると、「企業からは、日本と海外では1日投与量が異なり、日本は海外の半分と少ないので、もう少し高い薬価にしてほしいと求められた。最終的に合意に至らなかった」という。一方、ノボノルディスクは「不服ということではないが、厚労省と前向きに話し合いを続けている」(広報部)としている。

 ビクトーザは、膵β細胞上のGLP-1受容体に作用してインスリン分泌を促進する国内初のGLP-1受容体作動薬で、1月20日に正式承認された。


【関連記事】
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
日本イーライリリー、新規糖尿病治療薬を申請
日本イーライリリー、売上高1千億円突破
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬

誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る−足利事件の捜査検証(時事通信)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
<自民党>「逆仕分け」で反転攻勢(毎日新聞)
普天間、首相は公約違反=共産委員長(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。