So-net無料ブログ作成
検索選択

<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)

 【愛知】発車オーライ−−。鉄道ファンが喜ぶ銭湯が、一宮市桜にある。森俊樹さん(59)が経営する松降(まつふり)浴場。脱衣場に縮尺150分の1のNゲージ(レール幅9ミリ)2車線が走り、レールの総延長は約26メートル。うわさを聞いて訪れた人の顔に浮かんだ「何これ?」という驚きは、すぐに笑みに取って代わられる。

 プラモデルや鉄道模型を作るのが趣味の森さんが、コミュニケーションの場にしようと脱衣場を改築し、昨年5月、友人と「桜の森鉄道」を開通させた。レールは高さ1メートル、縦1メートル20センチ、横2メートル70センチの台の上に設置されている。JR各線の銀河、フラノエクスプレス、トワイライトエクスプレスなどの列車が走り、最大11両が収納できる機関庫も設置されている。

 駅のモデルは現在のJR尾張一宮駅。背景は駅から見た一宮市東部の写真だ。設置したてのころは殺風景だったが、徐々に“開発”が進み、民家や公園といった街並みや工事現場、ガード下の居酒屋なども建てられ、本物そっくりの精巧な風景が出来上がった。松降浴場や行きつけの居酒屋など“ミニ町内”を目の前にして、湯につかりに来たお客さんたちの顔も自然となごむ。

 森さんは「昔の銭湯のようにうちわ片手に将棋とはいかないが、模型を見て走らせ、触れ合いを楽しんでもらえれば」と話している。

 平日の午後4時〜10時半まで走行させられる。入浴料(400円)が必要。日曜日には無料走行会を開く。問い合わせは森さん(090・7021・4041)。【渡辺隆文】

【関連ニュース
松降浴場:鉄道ファンもびっくり 模型で我が町再現−−一宮で森さん経営 /愛知
鉄道模型フェス:「たま電車」初登場−−和歌山マリーナシティ /和歌山
鉄道模型:16メートルジオラマで走行会 あす豊中で「鉄道研究会WOO」 /大阪
あちこち・あいち:鉄道模型運転会−−岩倉 /愛知
静岡ホビーショー:歴史ブームで「三国志」「戦国時代」の模型目立つ

ビール類出荷、過去最低 1〜3月(産経新聞)
うそ供述でラーメン店長かばう  犯人隠避容疑で従業員を逮捕 京都(産経新聞)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。