So-net無料ブログ作成
検索選択

新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)

 ノボノルディスクファーマの新規性の高い2型糖尿病治療薬ビクトーザ皮下注(成分名=リラグルチド)の4月の薬価収載(保険適用)が見送られた。3月31日の中医協総会では、厚生労働省が1月20日付で正式承認した新薬の薬価を決めたが、この中にビクトーザは含まれていなかった。厚労省の担当者は「企業と薬価で合意できなかったため」と説明している。

 厚労省の担当者によると、「企業からは、日本と海外では1日投与量が異なり、日本は海外の半分と少ないので、もう少し高い薬価にしてほしいと求められた。最終的に合意に至らなかった」という。一方、ノボノルディスクは「不服ということではないが、厚労省と前向きに話し合いを続けている」(広報部)としている。

 ビクトーザは、膵β細胞上のGLP-1受容体に作用してインスリン分泌を促進する国内初のGLP-1受容体作動薬で、1月20日に正式承認された。


【関連記事】
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
日本イーライリリー、新規糖尿病治療薬を申請
日本イーライリリー、売上高1千億円突破
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬

誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る−足利事件の捜査検証(時事通信)
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言−若林氏問題(時事通信)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
<自民党>「逆仕分け」で反転攻勢(毎日新聞)
普天間、首相は公約違反=共産委員長(時事通信)

<日米密約>「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)

 中曽根康弘元首相は30日、NHKの報道番組で核持ち込み密約について、「私が質問して、外務省が説明したと思います」と述べ、首相在職中に同省から密約に関する説明を受けたことを明らかにした。当時の同省幹部は中曽根氏に対し、「文書はないけど慣行で、(日米が)お互いに信頼関係でやっている」と説明したという。9日に公開された外交文書では、佐藤栄作内閣当時の68年から海部俊樹内閣当時の89年まで歴代首相に説明したことが書き込まれており、中曽根氏は83年1月14日に説明を受けたと記されていた。

 中曽根氏は密約の必要性について、「大局的見地で政治の知恵だ。それまでノーと言ったら安全保障は成り立たない」と述べた。【野口武則】

【関連ニュース
日米密約:検証委と異なる「私見」春名委員
核寄港密約:「米公文書2件裏づけ」共産・不破氏指摘
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:谷内前次官の招致、自民が難色
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ

恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星−広島大など(時事通信)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
子ども手当法が成立 (産経新聞)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)

被疑者不詳で書類送検=作業員2人死亡、業過容疑−東京・赤坂のゴンドラ落下(時事通信)

 東京赤坂マンション建設現場で2008年8月、作業用ゴンドラが落下し、乗っていた男性作業員2人が死亡した事故で、警視庁捜査1課と赤坂署は29日、業務上過失致死容疑で、被疑者不詳のまま書類送検した。
 捜査関係者によると、点検や安全確認が不十分だったことが事故につながったとみられる。
 同課などによると、ゴンドラを支えるワイヤの通るはりが折れ曲がり、外れていた。何らかの原因でゴンドラのスイッチが入り、重みに耐えられなくなった疑いがあるという。 

【関連ニュース
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に

<フェリー事故>荷崩れ後に傾斜か 三重・熊野灘で横転(毎日新聞)
天気 近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応−外相会談(時事通信)
隠したはずが…大阪市、HPで二重の個人情報漏洩(産経新聞)
総務相「今後はツイッターの取り扱い慎重に」(読売新聞)

免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)

 埼玉県警公安3課と鹿児島県警などは26日、免状不実記載の疑いで革マル派活動家の徳永国利容疑者(68)=鶴ケ島市脚折町=を逮捕するとともに、活動拠点の「東京工芸社」など8カ所を家宅捜索し、革マル派の機関紙やメモなど134点を押収した。公安3課によると、徳永容疑者は黙秘しているという。

 公安3課の調べでは、徳永容疑者は平成21年6月19日、鹿児島市の鹿児島県警本部交通部免許管理課で、運転免許証を更新申請した際、実際には住んでいない住所を記載した申請書類を提出し、免許証に事実でない記載をさせた疑いが持たれている。

【関連記事】
免状不実記載などの疑い 北海道警が山口組系暴力団会長を逮捕
週刊現代の「JR東労組」記事で講談社に賠償命令
早大当局VS革マル派 元総長の12年戦争
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)
警視庁職員を逮捕=女性教諭に痴漢容疑−千葉県警(時事通信)
<オウム>松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連(毎日新聞)
村田元駐米大使が死去…密約引き継ぎ明らかに(読売新聞)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)

治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月23日、「新たな治験活性化5カ年計画」に参加するすべての医療機関を集め、「治験中核病院・拠点医療機関等協議会」(会長=矢崎義雄・国立病院機構理事長)の第5回会合を開いた。財源の確保など、5カ年計画終了後の治験体制の維持に向けた課題について意見を交わした。

 現在、55の参加医療機関のうち30医療機関は、治験スタッフの確保や治験業務のIT化などを通じて将来の自立的な運営につなげるため、「治験拠点病院活性化事業」として国から補助金を受けている。しかし、現時点では5年という期限付きで、計画終了後の財源の確保が課題となっている。

 この日、同協議会の楠岡英雄副会長(国立病院機構大阪センター院長)は、厚労省が実施した事前アンケートを基に、5カ年計画終了後の各医療機関の自立に向けた取り組みを紹介した。「CRC(治験コーディネーター)など治験スタッフを常勤ポストとして定数化した」「製造販売後調査支援の導入など人件費確保に向けた仕組みを検討中」などの前向きな回答の一方で、「計画終了後の現状の維持・自立は大変厳しい」との意見もあった。

 その後の各医療機関の代表者による意見交換では、体制整備や維持のための基本的な問題として、「治験スタッフの教育やスキルアップを考える必要がある」「治験に携わる医師のモチベーションの維持やインセンティブの向上を図るべき」などの意見が上がった。

 同協議会は、厚労省の「治験拠点病院活性化事業」や文部科学省の「橋渡し研究支援推進プログラム」などに参加する各医療機関が、治験・臨床研究を効率的・迅速に実施できる体制の整備に向けて意見交換を行う場として、5カ年計画の策定以来、年2回のペースで開催されている。



【関連記事】
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承
「グローバル臨床研究拠点」に北里大と慶大―厚労省
治験5カ年計画、中間見直しの議論スタート
進むか、治験5か年計画

開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
「格闘訓練は制裁」死亡の海自隊員遺族提訴(読売新聞)
<国家戦略相>高効率石炭発電も 国際協力銀の融資先で検討(毎日新聞)
久留米の保険金殺人、元看護師の死刑確定へ(読売新聞)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)

辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は18日午後の記者会見で、民主党の高嶋良充筆頭副幹事長が生方幸夫副幹事長に対し、執行部への批判的な言動を理由に辞任を求めたことについて「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは極めてよろしくない」と批判した。
 野田氏は「もっと自由闊達(かったつ)に自分の感想や意見を述べてしかるべきで、闊達に意見を言う文化を持ってきたのが民主党の魅力だ」と強調した。
 また、枝野幸男行政刷新担当相は会見で「最近、生方氏が何か問題があることを言ったとは認識していない」と擁護。生方氏とともに、党内有志による「政策調査会の設置を目指す会」の中心メンバーである安住淳衆院安全保障委員長も、記者団に「(生方氏が)悪いことをしたという話ではない。大人げない」と指摘した。 

【関連ニュース
辞任要求「よろしくない」=野田副大臣
外国たばこ、値上げ認可=財務省
渡部氏、7奉行と会合=参院選「情勢厳しい」
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で
首相発言が波紋=ハードル高い「満額支給」

奈良県立美術館でM.C.エッシャー展始まる 80作品を紹介(産経新聞)
愛子さまが2年生最後の登校=修了式は欠席(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
【from Editor】講師をして教えられたこと(産経新聞)
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件−福岡県警(時事通信)

<盗撮容疑>名古屋高検検事を書類送検 スカート内を携帯で(毎日新聞)

 名古屋高検の男性検事(44)が女性のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮しようとした事件で、愛知県警は17日、この検事を同県迷惑防止条例違反容疑で名古屋地検に書類送検した。

 送検容疑は3月8日朝、名古屋市千種区の官舎近くのバス停で、バスを待っていた女性のスカートの中を携帯電話のカメラで撮影しようとしたとしている。

 捜査関係者によると、別の乗客が目撃し、警察に通報。県警が任意で捜査していた。調べに検事は容疑を認めているという。

 検事は95年任官で、08年から高検検事。財政経済事件を担当していた。【中村かさね】

【関連ニュース】
盗撮容疑:スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検
盗撮:NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」

シー・シェパード活動家を逮捕へ=東京港到着の捕鯨船内で−艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
福島県で震度5弱(時事通信)
長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件−仙台高裁(時事通信)
下着盗み続けて10年…トラック運転手逮捕(スポーツ報知)

取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ−強盗事件の裁判員裁判・名古屋地裁(時事通信)

 愛知県内の寺にグループで押し入り、男性に重傷を負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた韓国人高炳石被告(32)の裁判員裁判が10日、名古屋地裁(手崎政人裁判長)であった。法廷では、検察官が被告を取り調べた様子を録画した約70分間のDVDが再生された。
 被告は9日の初公判で起訴内容を大筋認めたが、弁護側はグループ内での役割や認識など情状面で争っている。DVD映像は裁判員や検察、弁護側双方の手元にあるモニターに写し出され、傍聴席には音声だけが流れた。
 再生記録によると、検察官は黙秘権を告知した上で、計画段階から事件後までの経緯に関する被告の供述調書を読み上げ、通訳が韓国語に訳して説明した。被告は途中で追加や訂正を訴え、検察官が3カ所を修正。再び読み上げた後、被告が調書に署名、なつ印する様子が流れた。
 この後、高被告は被告人質問で、弁護側の質問に「DVDは検察官の調べでやりとりした内容の20〜30%しかない」と説明した。
 一方、検察官が「DVDの記録でわたしが他にも訂正や追加がないか聞いているが」と尋ねると、被告は「録画前の取り調べの際、検察官が(調書の)量が多くなるので要点だけと言って、応じてくれなかったから」と答えた。裁判員は質問しなかった。
 起訴状によると、高被告は韓国で知人の男3人と共謀し、2005年8月に来日。愛知県豊川市の寺に絵画を奪う目的で押し入り、住職の長男を包丁で刺し、重傷を負わせたとされる。 

【関連ニュース
【動画】中国アートフェア杭州
【特集】裁判員制度
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ
別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴
北野武監督に仏芸術文化勲章=11日から絵画展も

<学士院賞>iPS細胞研究の山中氏ら11人に(毎日新聞)
低気圧が関東沖から北上へ=大雪、暴風に警戒を−気象庁(時事通信)
グループホームを一斉検査=7人死亡火災受け札幌市(時事通信)
電子足輪も効果なし、性犯罪防止に有効策はあるか(上)
<千葉法相>日弁連会長交代で司法改革の後退懸念(毎日新聞)

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)

 国際宇宙ステーションに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が10日、日本の実験棟「きぼう」のロボットアームに、細かい作業に使う「子アーム」(全長2.2メートル)を取り付けた。3本の「指」を備えた先端は誤差1センチで動かすことが可能で、船外実験の試料補充や機器の維持管理に欠かせない。正常に作動すれば、宇宙空間での実験態勢が整う。

 様子は、茨城つくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで中継された。

 10日午後9時46分、きぼう船内と宇宙を結ぶ気密扉が初めて、船内にいる野口さんの操作で開けられた。その後、子アームが船外に搬出され、腕に相当する「親アーム」(同10メートル)の先端に子アームが取り付けられた。

 野口さんは12日まで子アームの動作確認を行う。一連の作業時間は計19時間以上になる見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース
野口宇宙飛行士:無重量の宇宙で「おもしろ実験」
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:ISSに別れ 6月2日地球に帰還
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録

82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)

<九州大学>合格発表 2189人に春(毎日新聞)

 九州大学の10年度入学試験前期日程の合格発表が8日、福岡市東区の箱崎キャンパスであり、11学部の計2189人に“春”が訪れた。

 合格者の受験番号は午前11時、掲示板に張り出された。九大では約10年前からインターネットホームページでも発表しているが、番号を自分の目で確かめたい思いは変わらないようで、この日も多くの受験生や保護者、教員らがキャンパスに詰めかけた。

 今年の志願者は5071人で、合格率は43.2%。合格者に占める割合は現役生72%、既卒者28%。九州出身者は76.4%で昨年より2.3ポイント減り、過去10年で最も低かった。【朴鐘珠】

【関連ニュース
五輪フィギュア:浅田と安藤に大声援 中京大
数学分野:研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減
五輪フィギュア:小塚選手に声援 中京大キャンパス
五輪スノーボード:国母選手の応援会中止…東海大
五輪フィギュア:大教室に立ち見、中京大でも応援

【科学】地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る(産経新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
愛子さまご欠席 野村一成東宮大夫の会見一問一答(上)(産経新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
「不思議な話ではない」=日銀の国債引き受け−亀井金融相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。